賃料下落率ランキング↘

こんにちは、リッチロードの鈴木です。



本日は参考になるデータがありましたのでご紹介いたします。


なんと一都三県137の市区賃料下落率ランキングです!



賃貸マンションの家賃は、新築プレミアムのある新築時が最も高く、古くなるにつれて賃料は低下していきます。

他の条件が同じであれば、築古よりは築浅物件に住みたいと思うのが自然だからです。

賃料の低下の度合いは、エリアによって異なります物件の供給が少なく、住みたい人が多いエリアではそれほど賃料は低下しませんが、物件の供給が多いエリアや住む人が減っていくエリアでは賃料の下落は大きくなります。



推計方法は、新築プレミアムの影響を除くため中古物件を想定し、築5年から築35年までの30年間の賃料の下落を試算。

たとえば、賃料の下落-10%は、築5年の賃料を10万円としたとき、築35年では9万円になることを意味します。

 

賃料下落の数字は、現在10万円の賃料を得ている築5年物件の30年後の想定賃料です。かっこ内は下落率。人口減少率の数字は国立社会保障・人口問題研究所の推計による2015年を基点とした25年後の減少率です。



賃料下落率 No.1No.10



賃料下落率 No.11No.20



 

賃料の下落が大きなエリアは概ね人口減少の大きなエリアとも重なるようです。

今回は10万円の賃貸マンションという条件でしたが、数の多い1Rアパートだともっとすごいことになりそうです・・・




最後までお付き合いいただきありがとうございました。


不動産投資に役立つ!便利アプリのご紹介

こんにちは、リッチロードの鈴木です。

本日は、スマホで使える面白いアプリがありましたのでご紹介させていただきます。

プロパティエージェント(株)さん提供の中古マンションの相場を楽しみながら知ることができる「ふじたろう」というアプリで、特徴は、今の相場価格と1年後の予想価格をできる機能や、全国約13万件の中古マンション売買時の指標となる相場情報を、地図インターフェースを用いて検索・閲覧・比較することができます。

またアプリ限定の機能として、地図を指で「ぐるっと囲み」、気になるエリアの相場をピンポイントで算出する面白い機能もあります。

主な機能としては、

・今いくらか調べる
階数、専有面積、方位を選択するだけで、相場価格(現在の売却相場価格、1年後の売却予想価格など)を瞬時に計算

・エリア相場を学ぶ
地図を指で「ぐるっと囲み」、気になるエリアの平均相場(売買平米単価、賃貸平米単価など)を算出

・不動産の動きを見比べる
エリアによって変化する「相場」「取引量」を地図上に可視化

・価格を見守る
会員登録すれば、ふじたろうが変化していく価格推移を監視

・プロに詳細査定を依頼する
売却ニーズが高まれば、提携不動産会社へ詳細査定や売却活動を依頼することがでる

《☆ここはリッチロードにお任せ下さい!》

弊社のある新宿西口方面を見てみると、

「相場」「取引量」を地図上に可視化するヒートマップ機能は

どのエリアが狙い目か一目瞭然!

ぐるっと囲んでピンポイントにチェックもできます!

賃料平米単価、利回りも出て便利です!

使ってみると、取引が活発なエリアが視覚でわかりやすかったり、平均利回りも出ますので、外出先でのチェックなどスマホならではの使い方ができてかなり便利だと思いました。

ただ残念ながら、現在iOS版での公開のみなのでAndroidの方は、パソコンのサイトでチェックしてみてください。

「ふじたろう」

https://www.fujitaro.com/

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

【注目のエリア情報】横浜市港北区が熱い!?

こんばんは、リッチロードの鈴木です。


本日は、JR線、東横線、相鉄線の直通運転計画で盛り上がっている横浜市港北区です。


港北区は横浜市北東部に位置し、横浜市政が指定する都心(ツインコア)の一つである新横浜都心(城郷地区(小机駅周辺地区)、羽沢地区(羽沢駅(仮称)周辺地区)、新羽地区(新羽・北新横浜駅周辺地区)、新横浜地区(新横浜駅周辺地区))の内、神奈川区にある羽沢地区を除くすべての地区が港北区にあり、それらの各周辺地区は、現在活発に再開発が行われています。


港北区開発予定図



最近の事業決定

H28. 3.25決定 神奈川羽沢南二丁目地区

H28. 2. 5決定 綱島サスティナブル・スマートタウン地区

H27.12. 4決定 港南つつじヶ丘地区

H27. 7. 3決定 瀬谷駅周辺地区

H27. 2. 5決定 鶴見一丁目地区

H27. 2. 5決定 決定 山手町西部文教地区


その中でも注目は、328日に具体的なまちづくり構想が発表された『綱島サスティナブル・スマートタウン地区』(Tsunashima SST)です。


Tsunashima SSTの総事業費は数百億円。

旧松下通信工業の工場跡地約37900m2を開発し、パナソニック街づくりを事業の柱の一つに育てるため先端技術を投入して次世代の都市型スマートシティを構築予定。


また、街区の北半分を占める敷地18300m2にユニーが入る商業施設、南側の12500m2に米アップルが技術開発施設、3600m2に野村不動産とMID都市開発が戸数94の分譲マンションをそれぞれ建設ととても大規模です。

さらに東京ガスのコージェネレーションシステムや一括受電によって電気や温冷水を供給するほか、用途が異なる複数の施設間で廃熱利用などのエネルギー融通を実現するシステムも期待大です。


街開きは2018年春予定で、相鉄線・東急線の直通運転が20194月開業予定とオリンピック前の地価の高騰は不可避だと思います!


その前にこのエリアで安定資産をご希望の方は、最速で物件情報をご紹介している『LINE@』おともだち登録を是非ご利用ください!



最後までお付き合いいただきありがとうございました。

2016年の地価公示が発表されました!

こんにちは。リッチロードの鈴木です。

昨日、3月22日に全国の地価公示価格が国土交通省から発表されました。

地価公示とは

最高額は中央区銀座4丁目の山野楽器銀座本店で1㎡あたり4,010万円(坪1億3,200万円!)となり、バブルの時に同じ銀座4丁目にある塚本素山ビルディング3,850万円を超え公示地価としては史上最高額とのことです。

リッチロードの営業エリア1都3県でみますと、

東京都23区内
地価が高い地域は中央区で坪単価2088.4万円
地価が低い地域は足立区で坪単価105.5万円
上昇率が高かったのは渋谷区で前年比+6.58%
上昇率が低かったのは台東区で前年比-9.66%

東京都全域

地価が高い地域は中央区で坪単価2088.4万円

地価が低い地域は新島村で坪単価2.5万円

上昇率が高かったのは渋谷区で前年比+6.58%

上昇率が低かったのは台東区で前年比-9.66%

神奈川県内
地価が高い地域は西区で坪単価330.0万円
地価が低い地域は清川村で坪単価14.4万円
上昇率が高かったのは横浜市南区で前年比+4.47%
上昇率が低かったのは湯河原町で前年比-9.67%

埼玉県内
地価が高い地域は大宮区で坪単価176.5万円
地価が低い地域は神川町で坪単価4.8万円
上昇率が高かったのは和光市で前年比+7.73%
上昇率が低かったのは寄居町で前年比-3.09%

千葉県内
地価が高い地域は浦安市で坪単価98.9万円
低い地域は九十九里町で坪単価3.5万円
上昇率が高かったのは一宮町で前年比+15.52%
上昇率が低かったのはいすみ市で前年比-6.40%

弊社で取り扱っている収益不動産はかなり過熱してきていて、昨年辺りからバブル崩壊などの見出しの雑誌を見かけますが、国交省によりますとバブル経済期は転売や投機目的により、全国各地で地価が上昇したが今回の地価上昇は、消費者などの購買需要の増加によって店舗賃料が上昇するといった実需に基づいていると見ており私もそう感じます。

このまま上がり続けるということは難しいですが、しばらくは大丈夫じゃないでしょうか?

ちなみに今回のデータは公示価格チェッカーというサイトを参考にさせていただきました。
1974年からの地価公示の推移や都道府県の比較ができてとても参考になります。

ご興味ありましたらご覧ください。

公示価格チェッカー
http://tochi-value.com/

最後までお付き合いいただきありがとうございました。