鹿の王

201707191016000

みなさまこんにちは、リッチロードの徳田です。

今晩あたり、上橋菜穂子さんの「鹿の王」を読み終わりそうです。

 

上橋菜穂子さんの本は、『精霊の守人』『獣の奏者』も全部読んでいて、

繰り広げられる構想の壮大さや、自然の中に流れる魂の存在や、

逆に、人の心の弱さや強さ、温かさが丁寧に書かれているところが大好きです!

 

最後のほうまで読み進んで、やっと「鹿の王」の言葉の意味が分かりかけました。

それは、鹿の群れが襲われて絶体絶命に陥ったとき、

リーダーではなく、盛りを過ぎた牡鹿が飛び出して、ダンスを踊るのだそうです。

そのダンスで敵の目をくらましている間に仲間たちを逃がすのです。

もちろん、逃げ遅れたその牡鹿の命はありません。

命をかけて群れを守る!それが 「鹿の王」なのだそうです。

 

それを知ってしまった今、最後まで続きを読むのが怖くなりました。

大好きな主人公が 「鹿の王」なのでしょうか・・・

SRG!

201705100801000

みなさまこんにちは、リッチロードの徳田です。

発展目覚しい アイリスオーヤマ の 大山 健太郎 社長 が、

日経新聞で 商品開発 のコンセプトとして S R G を挙げていました。

S simple

R reasonable

G good

すばらしい! すごく分かりやすいです!

 

そして、人材採用 の基準も次の順番にこだわってなのだそうです!

1.人柄 2.意欲 3.能力

うんうん!そうですよね!

勝手に意気投合してしまった私でありました。

 

戦略的リーダーシップを身につける!

201707191014000

みなさまこんにちは、リッチロードの徳田です。

リッチロードでは、毎月1回講師の先生をお招きして、

中間管理職 の仲間たちのための、リーダー養成講座 を開いています。

 

題して 「戦略的リーダーシップを身につける!」 であります。

これは、 部下が自走できる環境を作るため の研修であります。

 

この研修を1年受講してきまして、しみじみ思うことは、

中間管理職 がやるべきことは、

1.とことん部下に関わり合うこと

2.部下の置かれている状況を知り、手助けをすること

3.そして、部下が頑張って目標達成したその向うに何が見えるか、

その景色を具体的に描いてあげること

だと思いました。

 

もっともっと、部下と関わろう!

そうすれば、景色が変わってくると思うよ!

 

 

 

Pの立て方

201707191015000

みなさまこんにちは、リッチロードの徳田です。

私たちは毎月1回、FCEトレーニング・カンパニー さんから先生をお招きし、

PDCA の回し方を学んでいます。

今、トレーニングを受けているのは、2017年入社の新卒入社の仲間たちです。

今週のテーマは、PDCAの Pの立て方 です。

 

まずは、目標を達成するために、

鍵を握る 重要成功要因(CSF) を 選定します。

重要成功要因(CSF)の選定方法は、

  1. 結果の価値 → インパクトの大きいものは何か?
  2. 時間の価値 → 早く手をつけなければいけないものは何か?
  3. 時間も結果も同じ価値であれば → すぐに始められるものは何か?

の順番で 3つ 選定します。

 

そして、重要成功要因(CSF)ごとに、具体的に立てた行動計画なのです。

 

 を立てるためには、重要成功要因(CSF)を選定することが大切です。

頑張ってね!!

 

 

 

 

 

 

ジャムの法則

201706211344000

みなさまこんにちは、リッチロードの徳田です。

みなさまは 「ジャムの法則」 ってご存知ですか?

 

ジャムが6種類載っているテーブルと、24種類載っているテーブルを用意して、

お客様に試食していただき、購入していただく実験をします。

試食していただく量は、6種類のテーブルも24種類のほうも変わらないのですが、

ご購入いただく量は、6種類のほうが24種類の断然多いのだそうです。

つまり、ある程度商品を絞って並べたほうが、

消費者の判断が容易となり、購入しやすくなるということです。

 

この法則を知ったとき、ふと私の頭をよぎったのは、私の本屋選びでした。

20歳台の頃は、紀伊国屋書店のような大規模書店が好きで、

圧倒的な量の本の中にいても、平気で欲しい本を選ぶことが出来ました。

 

ところが歳をとるにつれて、大型書店は疲れるばかりで行かなくなり、

代わりに、嗜好の近い本屋ばかりを選んで行くようになりました。

そんな本屋さんが、すぐご近所にあります。

幸せです。

 

私たちの会社も、センスの良い商品を並べて、

リッチロードに来ればすべて事が足りるような、そんな会社になりたいものです。

 

半休の喜び!

201707191014000

みなさまこんにちは、リッチロードの徳田です。

先日の火曜日、初めて 「半休」 なるものを取ってみました!

 

午後2時に、「それでは行ってきま~す!」と、笑顔で会社を出まして、

(サイボウズのスケジュールには、正直に「半休」と入れました。)

家の近くの食堂のようなところへ行って、

アジのたたきとホタテのお刺身とナスの煮物で熱燗をちょこっとなめて、

バスタブにお風呂を一杯貯めて、ザッバーと溢れさせて肩まで浸かり、

外がまだ明るいのに、昼寝をしました。

ああッ! サイコーッ! すごく得した気分でした!

半休ってイイですね! またやろう。

 

積極的に生きる

201707191016000

みなさまこんにちは、リッチロードの徳田です。

尊敬する 中村 天風 先生 は、

幸せな人生を送る ためには、積極的に生きる ことが大切だ

と教えてくださっています。

そして積極的に生きるために、やってはいけないこと として、

「取越苦労」 を挙げています。

「取越苦労」とは、まだ起きていないことを、悩んだり心配したりすることです。

例えばAさんが、仕事のことで上司に叱られたとします。

Aさんは、しょぼんとして次のように考えます。

「ああ、また○○さんに叱られちゃったなぁ・・○○さんボクのことキライなのか

なぁ・・昨日も叱られたしな・・明日も叱られるかな・・?」

これが、「取越苦労」です。

でも積極的なBさんは違います。

「○○さんはボクの悪いところを教えてくれて、ありがたいなあ!

よし!同じ事を叱られないようにがんばろう!」

Aさんより、Bさんのほうが、ずっとずっと幸せで、

明るい未来が開けていることは確実ですね!

 

 

死んだ人より生きている人

201707151606000

みなさまこんにちは、リッチロードの徳田です。

8月に入った水曜日の休み、石切橋のお寺へお墓参りに行って来ました。

このお墓には、私の知らない遠いご先祖様たちが眠っています。

昭和の戦争時、この一帯にも焼夷弾が降り、一面の焼け野原になったそうですが、

我が徳田家の墓石も、カビカビしていて、燃やされた形跡が残っております。

徳田家最後の生き残りとしましては、お墓を建て替えるべきか、処分するべきか、

なかなか決断がつきませんが、

とりあえず花立を新調して、母を誘い、お墓参りに来ています。

 

お墓参りが済みますと、赤城神社から神楽坂へぬけて紀ノ善へ行ったり、

江戸川橋から護国寺へ向かって散歩したりします。

母は81歳になりますが、おかげさまでスタスタ歩いてくれますので、助かります。

先ずは、死んだ人より生きてる人!と言うことで、母を大事にしようと思います。

 

環境を変える!

201707191017000

みなさまこんにちは、リッチロードの徳田です。

今朝の朝礼で、開発事業部 の 佐藤 淳哉 (あつや)社員が、

とてもステキな2分間スピーチをしてくれましたので、ご紹介したいと思います!

開発事業部 は、アパートやマンションの仕入れを担当してくれている部署です。

 

「今までは、なかなか価格が合わなくて、

他社で仕入れられるのを、横目で見ているだけ、といった感じでしたが、

最近では、どうやったらうまく仕入れができるかを、

仲間たちで知恵を出し合ったり、相談をして、工夫をするようになり、

おかげで、事業部内の環境が変わり、とても仕事がし易くなりました。

あと5日あります ので、もう一件、仕入れができるよう頑張ります!」

 

素晴らしいですね!

事業部内の環境を変えた のは、内なるメンバー一人ひとりの 強い想い です。

君たちが、自分たちの手で環境を変えた のですよ!

 

あと5日あります」という発言も、

今の佐藤君だからこそ、自信を持って発することができたのだと思います。

素晴らしいですね! 君たちは変わりました!

自信を持って突き進んで下さい! 応援しています!