人はかくあるべし

201507251615000

みなさまこんにちは、リッチロードの徳田です。

『言志録』の中に

面は冷ならんことを欲し、

(頭が冷静であれば判断も正しくなり)

背は煖ならんことを欲し、

(背が暖かければ強烈に人を動かし)

胸は虚ならんことを欲し、

(胸にわだかまりがなく素直な心であれば人を受け入れることができ)

腹は実ならんことを欲す。

(腹が充実していれば物事に動じることはない)

 

これは人の上に立つ者の条件だそうです。本当にそうですね。

リーダーの仕事

20170203161435_00001

みなさまこんにちは、リッチロードの徳田です。

日本リーダーズ学会の 嶋津 良智 先生 は、

リーダーの仕事として、次の3つのことを挙げていらっしゃいます。

1.結果を出す

2.後継者を育てる

3.説明責任

1.と2.は、言うまでもありませんが、

3.の 説明責任 は、なかなか知られていないところです。

 

リーダーがメンバーに向かって、責任を持って説明すべき事柄は、

1.チームの目標

2.何故その目標を目指すのか、という理由(目的)

3.目標を達成した向こうにある、チームとメンバーの未来像(ビジョン)

 

リーダーはメンバーに、

強く、多く、深く、関わりながら

メンバーに腹落ちするまで説明し続けなければなりません。

なぜなら組織とは、考えの集まり だからです。

 

 

リッチロード通信第68号をお送りします!

リッチロード通信第68号 その1リッチロード通信第68号 その2

みなさまこんにちは、リッチロードの徳田です。

本日は、リッチロード通信第68号をお送りします!  ↑ ↑

今月号のインタビューは、リーシング事業部の森岡享(とおる)君です!どうぞ!

 

実は森岡君のことは、ずいぶん前から存じ上げておりましたが、

やっとご縁ができまして、ようやく弊社にご入社いただきました! 感謝!!

森岡君のご入社で、リッチロードのリーシングもかなり強化されるはずです!

みなさま、どうぞ宜しくお願い申し上げます!

 

今回のインタビューで、森岡君が高倉健さんのファンと知りまして、

なるほど!『男は黙ってサッポロビール』と言いますか、

森岡君もいつも眉間を開いていて、

ポーカーフェイスというか、淡々としているところが、

健さんに似ていなくもないような気がしました。(まわりくどいですね!笑)

 

ドラッカーマネージャーの仕事を「やりくりすること」と定義付けましたが、

リッチロードの中で、この「やりくりすること」が一番上手なのが、森岡君です。

「限られた人員と、限られた時間内で、成果を出す」

というミッションをきちんと果たしてくれる人物です。

 

大切な社員さんたちを安心してお任せできるマネージャーが、

入社してくれたことを、心から感謝します!ありがとう!

 

 

 

 

 

 

 

秀吉と馬

20170203161405_00001

みなさまこんにちは、リッチロードの徳田です。

『働く』と言うことを考えたときに、真っ先に頭に浮かぶのは、

豊臣秀吉の話です。

吉川英司『太閤記』には下記のエピソードが書かれています。

 

秀吉が足軽の端くれになった頃、厩(うまや)番の役目を仰せつかいました。

厩番の役目とは、馬に餌を与えたり、運動をさせたりしながら、

いつでも出陣できるよう、馬たちを整えることです。

秀吉はその命を受けたとき、ただ馬の世話をするのではなくて、

厩舎に寝泊りし、馬たちと寝食を共にしながら、それぞれの馬の性格をつかみ、

その職務を全うしたというのです。

 

このエピソード、大好きです!!

 

目の前の仕事へ、頭から飛び込んで徹底して従事すれば、

きっとその仕事を好きになるはずです。

仕事を好きになる = 幸せになる 

 

もっともっと、自分の仕事に頭から飛び込んで、徹底してやってみようよ!

そうすれば、もっともっと幸せになれると思うよ!

とうとう風邪を引きました・・・

20170216181834_00001

みなさまこんにちは、リッチロードの徳田です。

とうとう、お腹の風邪を引いてしまいました・・・

 

実は3週間前から、鼻水、クシャミ、咳の症状があったのですが、

売薬で誤魔化しておりましたら、今度はお腹に降りてしまいまして・・

 

昨日の休み、クリニックに行きましたら、お薬を9種類も処方されました。

9種類ですよ~~!  もう、びっくり!!

薬の量に圧倒された私でした。

 

怒らず、怖れず、悲しまず

20170129173107_00001

みなさまこんにちは。、リッチロードの徳田です。

中村天風先生の教えで、

『三勿(さんこつ)』(やってはいけないこと)として、

怒り、怖れ、悲しむ を挙げています。

怒り怖れ悲しみ のような、

価値のない、消極的な心の状態に陥ってはいけない、

常に、感謝歓喜というような、積極的な心の状態でいなさい、

と、天風先生は説いておられるのです。

 

日々仕事をしていますと、怒ったり、腹を立てたり、悔しがったりで、

しょっちゅう消極的な心の状態に陥りがちですが、

天風先生のお教えを思い出すたび、少しずつではありますが、

怒ったり、取り越し苦労をしたり、相手の心を疑ったりしなくなりました。

 

そうなりますと、余計なことを考えなくなりますし、夜も良く眠れます。

もっと早く、天風先生の教えに出会っていれば良かったなあ、

と思う今日この頃です。

 

里枝という名前

20170212170414_00001

みなさまこんにちは、リッチロードの徳田です。

昨夜、月を見上げていましたら、父のことを思い出しました。

里枝 という名前は、父が付けてくれました。

どんな想いを込めて名付けてくれたのか、聞いたこともなかったのですが、

里枝 と名付けた娘が、まもなく61歳になろうとしていることを、

空の彼方できっと、喜んでいてくれることと思います。

 

この世に生まれてきたのには、使命があるはずです。

しっかりこの命を使い切りたいと思いました。

 

バトンを繋ぐ

20170129134310_00001

みなさまこんにちは、リッチロードの徳田です。

一昨日、コンサルティング事業部 の 齋藤優馬 社員が契約をしてくれました。

 

契約が終わりまして、そのお客様にご挨拶に伺いましたところ、

そのお客様が私の顔を見て、

「実は10年以上前に、御社にお邪魔して、ご相談したことがあるのですよ。」

と、仰いました。

「ええッ?そうなんですか!」と私はびっくり!「どこの事務所でしたか?」

「たしか、大久保でした。」とお客様。

「マチキンの事務所みたいな汚いビルで、狭い階段を上がられました?」

「ええ、そうです。そのとき、まだ資金がなくて始められなかったんですよ。」

と、お客様は私の顔を見て、ニッコリお笑いになりました。

 

その大久保の汚い事務所(大家さん、ごめんなさい!)は、

2000年の創業時から2004年3月まで借りていた、家賃10万円の事務所でした。

ですからそのお客様は、13年以上前に弊社にお越しくださり、

そして13年経った一昨日、弊社より投資用不動産をご購入くださったのです!

 

嬉しかったです! 涙が出るほど有り難かったです!

 

13年前、私がお話をさせていただいたお客様が、

13年後、新卒で採用させてもらった齋藤優馬社員(現在23歳)から

ご購入くださったのですから。

繋ぐ ということはこういうことなのですね。

会社を続けてきて本当に良かった! 心から思えた一日でした。

 

 

 

 

 

 

美顔マスク

20170129173134_00001

みなさまこんにちは、リッチロードの徳田です。

電車に乗っても会社に来ても、み~んなマスクをしていますね。

今までマスクをする習慣が全くなかったのですが、

「風邪の予防にはマスクがいいかも・・・」と思い、

昨日、専務からマスクを一枚もらって、装着してみました。

 

マスクをして良かったこと】

①間食が減った

②鼻が温かい

③お肌が潤う

マスクをして悪かったこと】

①顔が長いので、縦にびよ~んと伸びて、恐ろしくマスクが似合わない

②メガネがくもる

③せっかくの笑顔が台無し

 

そして早速昨晩、パック代わりにマスクをしたまま寝てみましたが、

夜中に4回も起きて、なんだか、寝た気がしませんでした。

これも慣れですかね・・・。

 

 

 

エアロバイクの君

2011010208510000

みなさまこんにちは、リッチロードの徳田です。

ティップネス吉祥寺で出会う人を、もうひとり。

その人はいつもエアロバイクのところで絶叫(?)している男性です。

 

先日私がエアロバイクをスタートしたところ、

となりのバイクにその男性がまたがりました。と、瞬間私に向かって、

「オレの名前は ○△☆×◎ (そっちの)名前は?!」と叫びました。

仕方ないので、「トクダっ!」と叫び返しますと、

「オレの住所は △×!○? (そっちの)住所は??」と来ましたので、

「文京区!」と返しますと、

「夏休みどこ行った?!」と叫ぶので、

「どこも行ってない!」と答えましたら、一瞬同情したような顔をしましたが、

めげずに、「東北はどこ行った?」とまた聞いて来ましたので、

「青森。岩手。秋田。宮城。山形。福島。全部行った!」と

頭をフル回転させながら答えますと、今度は、

「新潟はどこ行った?!」と来ますので、

「長岡。越後湯沢。十日町。湯沢。石打。弥彦。燕三条。」

とこれも地図を頭に浮かべてありったけ数え上げますと、今度は、

「群馬は?」「神奈川は?」「関西は?」「四国は?」「九州は?」と、

続けざまに日本全国を聞かれまして、

途中から「ああ、この人は地理が好きなんだな。」と気付きましたが、

時すでに遅く、

「沖縄」まで聞き終わると、その人は満足そうにエアロバイクから降りて、

別の人のところへ移動していきました。