• 不動産鑑定士とは

    RichRoad

    不動産鑑定士は、不動産の鑑定評価を担当する者として、十分に能力のある専門家としての地位を不動産の鑑定評価に関する法律によって認められ、付与されるものである。
    したがって、不動産鑑定士は、不動産の鑑定評価の社会的公共的意義を理解し、その責務を自覚し、的確かつ誠実な鑑定評価活動の実践をもって、社会一般の信頼と期待に報いなければならない。
    そのためには、まず、不動産鑑定士は、同法に規定されているとおり、良心に従い、誠実に不動産の鑑定評価を行い、専門職業家としての社会的信用を傷つけるような行為をしてはならないとともに、正当な理由がなくて、その職務上取り扱ったことについて知り得た秘密を他に漏らしてはならないことはいうまでもなく、さらに次に述べる事項を遵守して資質の向上に努めなければならない。

    ポイント

    1.不断の勉強と研鑚とによってこれを体得し、鑑定評価の進歩改善に努力してること。

    2.依頼者に対して鑑定評価の結果を分かり易く誠実に説明を行い得るようにする

    3.自己又は関係人の利害の有無その他いかなる理由にかかわらず、公平妥当な態度を保持すること

  • 不動産鑑定評価が必要な場合

    RichRoad

    不動産鑑定士は、経済秩序の中で不動産の経済価値のありどころを示すことを日本国家から許された唯一の資格者です。
    不動産の鑑定評価を行いうるものは不動産鑑定士のみであり、独占業務という事になります。
    それ以外の者が鑑定評価という文言を使用した場合は『不動産の鑑定評価に関する法律』によって罰せられます。
    また、現在わが国内には弁護士が35,000名ほど登録しているように聞いておりますが、不動産鑑定士は、その3分の1ほどの登録人数を数えるのみしかおりません。不動産の経済価値を判定する事、それが必要とされる場合は多岐にわたりますので、全てのケースを列挙する事は困難です。

    ポイント

    1.会社法における現物出資を行う際の不動産の鑑定評価

    2.関連会社間売買における取引価格の妥当性を現すための疎明資料

    3.建物の賃貸人と賃借人との間で行われる賃料増減訴訟の根拠資料

  • 取り扱い可能な物件は?

    RichRoad

    エリア:1都3県(新宿から約1時間圏内)
    築年数:新耐震の物件(S56.6月以降に建築確認を取得した物件)
    種類:一棟アパート、一棟マンション
    駅距離:徒歩15分以内
    ※上記条件に外れていてもご相談ください。

  • 私が担当いたします

    RichRoad

    [不動産鑑定士] 松田 幸一
    [プロフィール]
    国立大学工学部にて卒業研究『フッ化水素が与える高集積度ULSI製造装置への影響』を、国内大手非鉄金属メーカーと共に取り組み、当時世界的にみてわずかにロシアで1件しか先行事例が見られない中、手探りの中苛烈な実証実験を行い続けた。
    卒業後に不動産業界に身を投じ、バブル崩壊後の不良債権処理の一連の流れにおいて、ホテル、ゴルフ場、工場跡地、大規模林地等の圧倒的な量のデューデリジェンスを行う。
    また、不動産鑑定士資格取得後、東京証券市場第一部上場の総合不動産業に入社し、不動産鑑定業の立ち上げ、当時黎明期にあった不動産証券化の立ち上げを精力的に行う。
    その後、不動産ファンドの運用を研鑽するべく、都心特化型の上場不動産投資信託(J-REIT)の運用会社の投資運用部に転身を図る。
    当時の運用資産残高を1,300億円から2,800億円まで倍増させ、かつ約800億円の公募増資を行うことに成功する。
    後に、会社買収を企図する投資会社に転籍し、買収対象となるターゲット企業の資産デューデリジェンスを行う。
    現在に至る。

あなたが一年に一度の人間ドッグで健康状態を把握し、大病に至るリスクを未然に摘み取っているように、
毎日稼働し続ける収益物件の経済価値を把握する必要はありませんか?
J-REATや法人が長期保有する物件は半年間に一度は価格査定を行っています。
個人投資家向けの定期的な査定サービスをご提案いたします。

個人投資家がまだ気づいていない仕組み

最近は、様々な物件サイトの林立や、SNSなどの情報拡散によって物件情報についてのプロアマ間の情報非対称性については、その格差は縮小傾向にあるように感じられます。
ただ、実際の物件の運用については如何でしょうか?
例えばJ-REITに運用報告書をご覧いただけるとお分かりになりますが、彼らは半年ごとに物件の不動産鑑定評価書を取得しています。
投資家への説明責任のためではありますが、これを行うことにより各物件の取得価格と時価との差異を把握し、ポートフォリオの入れ替え等の施策を検討できることにあります。

個人戦略不在の個人投資家

売却のタイミングは不動産業者の営業トークにまかせてしまって大丈夫?
ご自身の資産拡大戦略は中長期的に策定すべきものです。
もちろん、市況の変化によって微塵の狂いもなく計画通りに進捗を図る事は難しいかもしれません。ただ場当たりな打ち手は如何なものかと疑問を感じます。
ご自身の資産価値を把握しておくために、物件の入れ替えを行うためにも半年ごとの価格査定をご提案いたします。

 

は必須項目です。

お問い合わせフォーム


万円

【プライバシーポリシー】

ご登録いただきました個人情報は、プライバシーポリシーをもとに安全に保護しております。
⇒ 詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。

株式会社リッチロード(以下、当社という)は、個人情報保護に関する法令を遵守し、その取扱及び保護等について、個人情報保護法の規定に基づき、以下の考え方に沿って、適正な取り扱いと保護・管理に努めます。

※会員登録及びセミナー申込みをされた方は弊社の個人情報の取り扱いについて同意したものとみなされます。

 

当社の名称

株式会社リッチロード

 

個人情報保護管理者及び連絡先

法務・経理・総務・人事部 課長

TEL:03-6258-1021 E-mail:info@richroad.co.jp

(10:00~19:00 年末年始、定休日を除く)

 

利用目的

当社ではお客様の会員情報を以下の目的で利用します。なお、お客様からのお申出がありましたら、サービスの提供を停止いたします。

 

  1. 氏名、メールアドレス、電話番号を物件紹介のために利用します
  2. 住所、氏名、メールアドレスを、お客様にとって有用と思われる当社及び提携先のサービスに関するご案内のために利用します
  3. 住所、氏名を、会報誌「リッチロード通信」の送付のために利用します
  4. 住所、氏名を、会員限定抽選会および抽選プレゼント送付のために利用します
  5. お客様の会員情報、入力していただいた個人情報を、各種お問い合わせ(物件お問い合わせ、売却相談等)対応のために利用します
  6. お客様の会員情報、入力していただいた個人情報を、セミナー参加予約、セミナー受講票の送付、個別相談対応のために利用します

 

個人情報の第三者への提供

  1. 不動産売買のため、必要な情報を、売主または物元業者へメールまたは郵送、FAXで提供します
  2. 不動産売買のため、事前審査を望まれる場合にはお客様の個人情報をメールまたは郵送、FAXで金融機関へ提供します

 

これ以外の場合において、お客様の会員情報をご本人の同意なく第三者に提供することはございません。ただし、以下の場合を除きます

  1. 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、お客様のご同意を得ることが困難であるとき
  2. 法令に基づく場合
  3. 統計的なデータとして、個人を特定できない形式に加工した場合(サービスの向上を目的とした調査・分析など)

 

委託

ご入力いただいた情報をシステム上で保管・管理するため、当社の選定基準を満たした事業者に委託をする場合があります。その場合は予め当社基準に基づき、委託先の 評価・選定を行なった上、個人情報の取り扱いに関する契約締結と適切な監督を行ないます。

開示、停止等の求めのお問い合わせ窓口

〒163-0225 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル25階

株式会社リッチロード お客様相談室

TEL:03-6258-1021 FAX:03-6258-1022 E-mail:info@richroad.co.jp

(10:00~19:00 年末年始、定休日を除く)

情報提供の任意性

個人情報をご提供いただくのは任意ですが、必要な個人情報をご提供いただけない場合は、ご希望の情報やサービスが提供できない場合があります。ご理解いただけますよう宜しくお願い致します。

 

認識し得ない方法による個人情報の収集

当社では、当社ホームページにおける、利便性の向上のため、ご本人が利用するWebサーバーに記録されたCookieを自動的に取得して利用する場合があります。

  • ※相談に必要な資料は下記になります。担当より折り返しご連絡差し上げる際にご用意いただきたく存じます。
  •  ・販売図面(ご購入時のものがあれば)
  •  ・謄本コピー(あればご用意ください)
  •  ・住居表示(物件の所在地を教えてください)
  •  ・家賃表(レントロール。管理会社からの入金明細書コピーでも大丈夫です)
  •  ・固定資産税納税通知書等ランニングコストの分かるもののコピー(毎年5月頃に所有者に届く書類です)
  • ※上記のものが、全て手元になくても心配ご不要です。