「不動産質問掲示板」は不動産投資に関する疑問や悩みを株式会社リッチロード不動産投資の社長が解決する掲示板です。
あなたの疑問と同じような質問や、あなたの疑問を解決するような過去の質問がないかどうか探してみましょう。


質問タイトル: 「タイル貼り」について

本日はありがとうございました。

本日頂戴したセミナー資料を再度読み直していたのですが、どうしても気になったのでメールをさせて頂きました。

資料内に融資の条件として「タイル貼り」が条件になる事があるとの記載がありましたが、本当でしょうか。
タイルはあくまでも外壁の表面的なものであり、構造の本質では無い事を考えると、このような事が条件として挙げられる事自体が、非常にナンセンスな事ではないでしょうか。
わかり易くご説明をお願いできますでしょうか。


また初心者向けのセミナーというのは分かりますが、
セミナー参加者からの質問に対して感覚的な回答は行わない方が良いのではないでしょうか。

投資を扱う会社として、数値的な根拠くらいは説明ができるようでなくては・・・


ご返事が遅くなりまして、誠に申し訳ございませんでした!

先日は弊社のアットホームセミナーにご参加いただきまして、誠にありがとうございました!
心より御礼を申し上げます。
またこのたびはご返事が遅くなりまして、誠に申し訳ございませんでした。

「タイル貼り」につきまして、銀行さんに確認しましたところ、スルガ銀行さんもオリックス銀行さんも、現在では「タイル貼り」にこだわっていないそうです。
考えてみましたら、新築マンションや築浅マンションで、「タイル貼り」でないものがたくさんありますものね。

また、「タイル貼り」について、お世話になっている一級建築士さんにお聞きしましたところ、バブル以前の「タイル貼り」は1枚1枚丁寧に貼っていたので、強度もあり、耐久性が強かったが、バブル以降のシート貼り(タイルのつながったシートを貼り付ける方法)は、中性化が早く、補修も難しく、それ以前のモルタルよりも扱いにくいのでそうです。
「最近のタイルだったら、昔のモルタルのほうがよっぽど丈夫ですよ!」と仰っていました。

わたくしが丈夫だ!と信じていました「タイル貼り」はバブル以前のマンションだったのです。いやはや、浦島太郎のような心細い気持ちになりました・・。
古いお話しをしまして、誠に申し訳ございません・・。

また、空室率や供給過剰に関するきちんとした数字をご提示できず、誠に申し訳ございません。そのような数字を検索できるサイトはございませんし、行政が発表している数字は古くて、役にはたちません・・
しかしながら、ご指摘いただきましたように、数値的根拠ぐらいはお話しができませんと、お客様もお困りになられますので、いろいろお調べをしまして、ご準備をしていきたいと考えております。

このたびは、ご指摘を賜りまして、誠にありがとうございました!心より御礼を申し上げます。
お客様からのご意見が何よりの会社の宝となります。
今後ともご指導いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。
誠にありがとうございました。

回答スタッフ : 徳田 里枝