「不動産質問掲示板」は不動産投資に関する疑問や悩みを株式会社リッチロード不動産投資の社長が解決する掲示板です。
あなたの疑問と同じような質問や、あなたの疑問を解決するような過去の質問がないかどうか探してみましょう。


質問タイトル: マイホームと不動産投資

現在46歳、サラリーマンで、最近一戸建て新築を購入し、34年低利住宅ローンで5500万円ありますが、10年間は所得税はゼロ、住民税も控除限度まで恩恵を受ける予定です。そのため新規不動産をローンで購入しても税金面でメリットがありません。
また、以前住んでいた3LDKマンション(最上階角部屋)は駅に近いのと住環境が抜群なこともあり10年前から月16万円で賃貸に出しており、今のところ空室になったことはありません。こちらは即金で購入しています。
家賃収入=住宅ローン支払いの状態ですが、今後家賃収入=住宅ローン+生活費+・・・にしていきたいと考えて、もう一件不動産を購入するか迷っています。
ただ、頭金がほとんどないため、フルローン・オーバーローン物件のようなというものに興味があります。そこで、そのような案件を選ぶ際の注意点と、御社でそのような案件がどの程度の確率で入ってくるか(年3~6件とか)お教え下さい。


ご質問ありがとうございます。

ご質問ありがとうございます。
・フルローン(オーバーローン)物件を選ぶ際の注意点
・上記可能性のある物件の頻度
これらについて回答させていただきます。

金融機関の融資の見方としまして、
物件の評価額と個人の信用面の二つから
見ていきます。

住宅ローンでは個人に比重が置かれるのに対し、
投資用のローンでは物件そのものの評価が大きく
係ってまいります。

そのため、金融機関評価が出る投資用物件を選ぶ必要があります。
大まかな傾向として、路線価を基準に評価を算出する
金融機関が大多数であるため、土地が大きい一棟アパート等を
中心にお探しいただくと当てはまるケースが多いです。

また、大前提として、住宅ローンと大きく異なり、
相当の資産をお持ちのお客様の場合等を除いて、
フルローン・オーバーローンが適用される
ケースは非常に稀でありますので、予めご承知おきください。

物件評価額が販売価格を上回るようなケースでも、
一般的には、諸費用部分と物件金額に対して、1割以上の
自己資金を求められることがほとんどです。

回答スタッフ :